エクスプリント UVプリントで貴方だけのグッズ・おくりものを作ろう  

エクスプリントUV Blog

2018/10/12 19:07

本稿では、
アクリル印刷時に裏地として使用される
「白版」についてご説明をいたします。

※フォトショップを使用いたします。

①はじめに

一般的な紙への印刷などでは聞き馴染みのない「白版」ですが
アクリルのように透明なものへ印刷をする場合
透過防止のために使用されるものになります。

「ホワイト版」「K版」と呼ばれることもあります。
※KはCMYK方式のブラックにあたるKから来ています。
 「なぜ白版なのにKなのか?」という点については後述いたします。


実際の白版を見てみましょう。
2枚めの画像、裏地となっているものが白版になります。

上記のように裏面から印刷を掛ける場合は
透過防止の他にもメインのインクの上に白版を印刷するため
メインのインクを保護し耐久性の向上のはたらきも期待できます。

②白版の作り方

白版はフォトショップでの作成が簡単なため、
フォトショップでの作成方法をご説明致します。

レイヤーのサムネイルをCtrl+クリックすることで
不透明部分を全選択することができます。



そして選択範囲を1px縮小し
新規レイヤーを作成し、CMYKのK100%で塗りつぶします。
※必ずCMYKモードでK100%を選択してください、
 RGBモードでR0G0B0で作られた真っ黒では
 白版にした際に半透明の状態で出力されてしまい、透過防止の役割が果たせません。

メインのイラストの色の濃度によっては一度では塗りつぶしきれない場合がありますので、
バケツツールで数度クリックすることをおすすめします。

これで「白版」は完成です。

選択範囲を縮小する理由は、
メインのイラストと同サイズだと
正面から見た場合に白版がはみ出して見えることが多いため
よりきれいに見えるようはみ出し防止の為に行います。
(本稿一枚目の写真ではカラーバーから白版がはみ出してしまっていますね・・・)

真っ黒なレイヤーではありますが、
プリンター側で白色に変換して白版としてプリントアウトを行います。
前述していた「なぜ白版なのにKなのか?」という点につきましては
プリンター側で白版に変換するため、データ上はK100%にする必要がある
とご理解ください。


印刷物を取り扱ったことがない方にはCMYKモードは馴染みが薄いかと思いますが、
RGBモードでは正しく印刷されませんのでカラーモードには必ずご注意をお願いいたします。

  • Home
  • About
  • Blog
    • shopping cart